コミュニケーションに必要な会話力を鍛える方法

コミュニケーションに必要な会話力を鍛える方法

会話している3人

 

コミュニケーションとは、相手に自分の考えや意思を正確に伝えることであり、相手の考えや意思を正確に理解するということです。

 

こうした双方向での伝達と理解ができる人が会話力のある人ということになります。

 

伝達と理解を言葉によって行うことは、簡単なことではありません。

 

相手によっては、まったく伝達できない、理解できないということもあります。

 

また、なんとなくうまくできているようで、深い部分では伝わっていない、理解できていないと感じることもあります。

 

では、会話力を鍛えるにはどうすればいいのでしょうか?

 

スポンサーリンク


定評のある人の話し方を学ぶ

まずは、身近の「しっかりしている」と定評のある人の話し方を学ぶことです。

 

会話力のある人は、多くの人から信頼されます。

 

なぜ信頼されるかというと、「この人は自分の気持ちを分かってくれる」「この人の言うことは分かりやすい」という印象を与えるからです。

 

つまり、周囲から「しっかりした人」として定評のある人は、会話力が高いことが多いのです。

 

みなさんの身近な人にも、こうした人は何人かはいるはずです。

 

テクニックだけを学ぼうとするよりも、こうした人の会話を真似ることから始めるといいでしょう。

聞いて話す態度を改める

会話の基本は、内容よりも聞いて話す態度が大事です。

 

会話力というと、何か頭を素早く回転させて気の利いた話をすると想像しがちですが、そういうことは、二の次、三の次の話です。

 

話す内容も大切ですが、その前に聞くことを意識し、話すときの態度や振る舞いをチェックしましょう。

 

相手から聞き返されることが多かったり、相手の答えがいつもあいまいだったりすることが多いときは、真面目な話なのか、くだけた話なのかを相手が図りかねていることが考えられます。

 

相手の目を見て、ゆっくりと話し、説明を省かずに話す。

 

聞くときも、しっかり相手の目を見て、相づちをうつということに気を付けると、会話が弾むことでしょう。

 

スポンサーリンク

会話力は「大人力」

最近、会話の中で、相手の話したことをそのまま鵜呑みにしてしまう人が増えているように感じます。

 

例えば「わたしは親不孝ばかりしていて」と相手が言うと、そのまま受け取り、「それはいけませんねえ」などと平気で返すような人です。

 

そこまではいかなくても、「どうしてそんなことをいうのだろう」と黙ってしまう人もいます。

 

自分から「親不孝だ」と話すのは、かなり自分を卑下して言っているのです。

 

もちろん、あまり親孝行ができていないという気持ちはあるのでしょうが、他人が「なるほどそうですか」と乗ってはいけません。

 

相手は励ましてほしいのかもしれないし、「わたしもなかなかできていないです」と同調してほしいのかもしれないのです。

 

会話力というのは、相手の気持ちをその人の言葉から察し、その上で、適切な言葉を返してあげられる能力を指します。

 

文脈を読む、言葉の裏にある相手の気持ちを察する、というのは大人の能力です。

 

情報の理解や伝達は、表面上のことだけでなく、もっと深い部分を察した上でないとなかなか成立しません。

短く要約するクセをつける

言いたいこと、聞いたことを短く要約するクセをつけることも重要です。

 

言いたいことを、思いつくまま、だらだらと話してもなかなか相手には伝わりません。

 

会話力のある人は、ダラダラ話す人の話をさっと要約して、理解します。

 

そして、自分が話すときも、最初に話したいことを短く要約するのがうまいのです。

 

何かを話すとき、最初はワンセンテンスで話すように心がけましょう。

 

久しぶりに離れて暮らす両親と電話で話したことを伝える場合は、こんなふうに。

 

「今日、田舎の親と久しぶりに電話で話したよ。元気そうだった。なんか、いいもんだねえ。ほっとしたよ。親孝行なんて、なかなかできていないから、こんど、何か送ろうと思ったよ」

 

これを、こんな風に話すとなんとなくいいたいことはわかるけど、どう話していいかわからなくなります。

 

「親孝行ってなかなかできないもんだよね。何か送ろうと思うんだけど、なかなかできなくて。話すとほっとするんだけどね。声で元気かどうか分かるから。今日、田舎の親に電話したんだけど、元気そうだった」

 

意味はなんとなく分かりますが、話の主題が見えてきません。

 

電話して親の声を聞いたということを最初に簡潔に伝えると、「久しぶりの親への電話」というテーマがすぐに分かります。

 

テーマが見えやすい話し方をするには、一番伝えたいことを真っ先に、簡潔に伝えることがコツです。

 

会話をするときは、話す聞くのキャッチボールを上手にしないといけません。

 

キャッチボールのコツをの会話のキャッチボールができない人がすぐに上手くなる5つの秘訣のページでご紹介していますので、参考にしてみてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

スポンサーリンク

関連ページ

コミュニケーション下手を克服する5つの方法
人とコミュニケーションをとるのは、本当に難しいことです。コミュニケーションが下手で悩まれている方は多いでしょう。悩みを解決するために克服する方法を学んで、試してみてください。
コミュニケーションが上手い人の3つの特徴
コミュニケーションが上手い人と下手な人がいます。誰もがコミュニケーションが上手くなりたいと願うことでしょう。今回は、コミュニケーションが上手い人が持つ3つの特徴についてまとめてみます。
コミュ障の治し方!今からでもできる3つの克服方法
コミュ障で悩む方は多いでしょう。コミュ障は悩んでも解決できる問題ではないので、克服方法を知り、行動に移すことが大事です。最初の1歩として、今からでもできる3つの克服方法をご紹介します。
コミュニケーション能力を高める3つの秘訣
あなたは、コミュニケーション能力に自身がありますか?自身がない方のために、今回は、コミュニケーション能力を高める3つの秘訣を紹介します。
人と接するのが嫌いな人のためのコミュニケーション練習方法
誰にでも好きなこと、嫌いなことがあります。中には、人と接することが嫌いな人もいるでしょう。理由は、コミュニケーションが苦手だからではないでしょうか?そんな方のために練習方法をご紹介します。
会話が嫌いな人が話好きになるには?
会話が嫌いな人にとって、コミュニケーションをとることはとてもストレスのかかることではないでしょうか。そこで今回は、話好きになれる方法をご紹介したいと思います。
緊張すると頭が真っ白になる人が上手く喋る方法
スピーチなど人前で話す時に、緊張して頭が真っ白になって上手く喋れないという経験がある人は少なくないと思います。このような場面で上手く話すことができるのかについてまとめていきます。
誰でも雑談力をつけることができる3つの方法
人との会話は何気ない雑談が一番難しいと思いませんか?どんな話題を振ったら良いのか、困ることってありますよね。そこで、誰でも雑談力をつけることができる3つの方法をご紹介させていただきます。
話し上手になるには?話し上手になれるたった1つのコツ
人と話をしているときってどんなことを意識していますか?もしあなたが話し下手なら、まずはたった1つのことを意識するだけで、話し上手になることができます。
聞き上手になるための4つの方法
聞き上手な人と会話をすると、とても気分がよくなりますよね。誰しもが聞き上手になりたいと思ったことがあるのではないでしょうか。今回は、聞き上手になるための4つの方法についてご紹介します。
空気が読めない人のための観察力を鍛える3つの方法
空気読めないよね!と言われ傷ついたことありませんか?実際に空気が読める人と読めない人が存在します。今回は、空気が読める人になるために観察力を鍛える3つの方法をご紹介していきます。
面白い一言を入れて自己紹介の達人になろう!
自己紹介をする機会って意外と多いですよね。ほとんどの人が印象に残らない、名前とよろしくお願いしますだけで済ませてしまっているのではないでしょうか?面白い一言を入れるだけで違ってきますよ。
会話のキャッチボールができない人がすぐに上手くなる5つの秘訣
コミュニケーションに必要なのは、会話力です。会話のキャッチボールができないと悩まれている方もおられるでしょう。今回は、どんな人でも会話がすぐに上手くなる5つの秘訣をご紹介します。
電話での会話がはずまない!そんなときに使える会話ネタ5選
相手と電話をしていて、会話がはずまず苦しい時間を過ごした人も少なくはないはずです。ここでは相手と電話をしている時間を楽しくするための会話ネタを5つ紹介したいと思います。
無表情を直す4つの方法 | 笑顔の自分になろう!
迷った時に笑っている人と無表情な人がいたら、どちらに道を聞きますか?無表情だと、コミュニケーションを取る時も良い印象を与えません。直す方法をご紹介しますので、笑顔の自分になってください。
友達を作るためのコミュニケーション | 4つのコツ
新しい環境に身を置いたとき、友達できるかな?と不安になりますよね。もし、あなたが友達を作るためのコミュニケーションのコツを知っていれば、すぐにでもそんな不安はなくなることでしょう。
コミュニケーション能力を補うおすすめの本を3冊紹介
本を読むと、たくさんのことが学べます。コミュニケーション能力を補うことができる、おすすめな本を3冊紹介します。なぜおすすめなのかの理由もしっかり書いていますので、参考にしてみてください。
コミュニケーションには心理学が効果的!すぐに使える6つを紹介
実は、私たちは知らない間に心理学のすご技によって操られています。だったら、私たちも心理学を使い、何かに活かせるのではないでしょうか?今回は、コミュニケーションに使える6つを紹介します。
企業が求めるコミュニケーション能力
採用の基準の中にコミュニケーション能力を考慮する企業が増えています。就職活動中の方は、疑問をもつでしょう。どのようなコミュニケーション能力を持った人材を求めているのか?ではお答えします。
面接でコミュニケーションの高さをアピールする方法
企業の面接では、コミュニケーションの高さが重要視されています。競争率の高い企業だと、筆記試験ができるだけでは受かりません。面接でコミュニケーションの高さをアピールする方法を紹介します。
あがり症の治し方 | 人前で緊張しないための3つの方法
あがり症で人前になると頭が真っ白になり、急に話ができなくなってしまう・・そんな悩みをもつ方もおられると思います。今回は、あがり症の治し方をご紹介させていただきます。
説明が上手になる方法!相手をイライラさせないコツ
「で?結局何が言いたいの?」説明したけど、こう返されたことありませんか?説明が下手な方だと何度か言われたことがあると思います。今回は、説明が上手になる方法についてお話させていただきます。
コミュニケーションがいらない仕事をするリスク
コミュニケーションが苦手な人でも、お金を稼いで生活をしなくてはいけません。ですが、コミュニケーションがいらない仕事には、リスクがあります。
大学生のコミュニケーション能力をあげる5つの方法
大学生になると、社会に出る準備をしておかないといけません。勉強はもちろんですが、コミュニケーション能力もあげておかないと後悔します。企業は、コミュニケーション能力を重視しているからです。
高校生のコミュニケーション能力をあげる5つの方法
友達や親とコミュニケーションを上手に取れていますか?今回は、高校生のコミュニケーション能力をあげる5つの方法を紹介します。楽しく生きるためにコミュニケーション能力の向上はかかせません。
中学生のコミュニケーション能力をあげる5つの方法
中学生になるとコミュニケーション能力が高いと人気者になれる可能性があります。逆にコミュニケーション能力が低いといじめにあったりする可能性があります。自分をどんどん磨いていきましょう。
小学生のコミュニケーション能力をあげる5つの方法
子供が小学生に入ると、いじめの問題や先生と上手くいっているかなど、コミュニケーション能力が必要になってきます。まずは、親が理解し子供に助言してあげないといけません。
幼児のコミュニケーション能力をあげる5つの方法
将来、子供が困らないように人と接する機会を与えることは、大切なことです。幼児のときから、周りの友達とのコミュニケーションを取って、コミュニケーション能力をあげるお手伝いをしてあげましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
コミュニケーションとは? コミュニケーション能力向上 コミュニケーション取り方